News

2018.10.03
新卒採用サイトを公開しました。

Message

01Message

取締役経営企画部長柳橋 巧

01Message

取締役経営企画部長柳橋 巧

「変革に対する柔軟性」「多方面への興味」「チャレンジ精神」が旺盛で「意欲」のある人を求めています。

取締役経営企画部長柳橋 巧

 「建設コンサルタントって何をやっているの?」と思っている人は多いのではないでしょうか?あまり実際の仕事を目にすることは少ないかもしれませんが、私たちの仕事は、国民の皆さんに身近な社会インフラ整備に関する調査、計画、設計等を行っていて、後世に残る仕事です。
 当社は創立以来、総合建設コンサルタントとして、国内外における道路、橋梁、河川、港湾、上下水道、都市計画、環境など幅広い分野において、調査から計画・設計・施工管理・維持補修に至るすべての事業プロセスに対応したエンジニアリングサービスを提供しています。近年では発注者と共同で事業を進めるPPP(事業促進監理業務)、CMなど新たなマネジメント業務も実施しています。社会インフラ整備を通じて社会に貢献するためにはプロフェッショナルとしての仕事に対する“情熱”“誠意”“向上心”が重要です。
 「会社は社員とともに成長する」という企業理念に基づき、人材を“人財”に育成する取り組を実践しています。仕事の場で自分の成長を確認でき、働き甲斐にしていけるような会社を目指しています。男女を問わず活躍でき、家族と楽しく暮らせる職場とするための「働き方改革」も推進しています。
 少子高齢化の進展、ICT技術の活用などこれからは仕事の進め方が大きく変わっていく時代です。そのためには「変革に対する柔軟性」「多方面への興味」「チャレンジ精神」が旺盛で「意欲」のある人を求めています。このような当社で、将来の夢を語りながら、私たちと一緒に成長していきましょう。

  • 東京事業本部 技術第1部 道路第1グループ
    (2018年入社)
    中村 明音

    雰囲気の良さが活力に!

     私は入社1年目ですが、説明会の際に感じた社内の雰囲気の良さや、女性社員との話の中でセントラルで成長していきたいと思った当時の気持ちはまだ鮮明に憶えています。社会人になり、実際にセントラルで働き始めて毎日が新たな挑戦であり、分からないことばかりですが、日々勉強をしています。そんな中で、つまづいたり困った時に助けてくれる、相談に乗ってくれる先輩や上司がセントラルにはたくさんいます。女性の先輩方と話す機会も多く、悩みがあったらすぐに話せる環境があります。
    風通しも良く、社内の雰囲気も温かく、私はセントラルに入社して本当に良かったと感じています。一緒に働く機会があれば、その時はよろしくお願いします!

    東京事業本部 技術第1部 道路第1グループ中村 明音

  • 東京事業本部 技術第2部 橋梁第1グループ
    (2014年入社)
    山田 洋輔

    社風から得られた「公私両道」

     私はセントラルに入社後、その社風から”文武両道”ならぬ「公私両道」が実現できていると感じます。私が所属する橋梁グループでは、チームで業務遂行し相互にフォローする形態をとっています。それにより普段から気軽に質問や意見交換ができたり、自然な会話も生まれたりと、居心地よく仕事に臨める環境が魅力的です。仕事内容としては新設設計をはじめ、補修・補強設計、点検業務と多岐に渡って携わることができます。また、仕事終わりには会社仲間で上下関係を気にせずに飲み会をして親睦を深め、時には仕事のアドバイスを受けたりもします。週末にはBBQやスノーボード、時々小旅行もしたりと、個人的には大学生の頃より充実していますね。

    東京事業本部 技術第2部 橋梁第1グループ山田 洋輔

  • 東京事業本部 技術第1部 道路第2グループ
    (2008年入社)
    小泉 裕樹

    「ひと」を大切にする会社

     建設コンサルタントとは、発注者の要望を受け、社会資本整備に伴う真の課題は何かを捉えた上で、日々頭で考え、最適な提案を行い、調査・計画・設計を基に「かたち」にしていく事を仕事としています。我々の業界の中で最も大事なのは人材であり、「ひと」を育てるために、より良い環境を提供できる会社が求められています。当社では、先輩社員が常に質問に答えてくれる社風、入社間もない社員が発言し、活躍できる環境が整っています。また、社内研修や教育制度が充実していることから、「ひと」を育てることを大切にしている会社と私は感じています。就職活動を通じて不安も多くあるかと思いますが、是非セントラルの社風を味わっていただければと思います。一緒に仕事をできる事を楽しみにしています!

    東京事業本部 技術第1部 道路第2グループ小泉 裕樹

About us

02About us

描くのは、未来50年、100年先の未来とともに

当社は総合建設コンサルタントとして、「誠意と情熱ある行動力と高い技術力によってお客様の信頼に応え、高度な技術サービスを促進することにより社会貢献を果たす」を経営理念に、半世紀にわたり社会インフラ整備に関わる「マネジメント、計画・環境、都市、建設、海外」の各分野の業務を行って参りました。

創立50年を経た今、”描くのは、未来”をスローガンに、50年、100年先の未来を見据え、これまで培った技術力と英知を結集し、確かな技術で国民の生命・財産を守り、経済活動を支えるためのインフラ整備に貢献することが使命です。海外にも目を向け、我が国が世界に果たすべき役割である復興支援・貧困削減・経済振興・環境保全等に向けて、道路・交通・橋梁・防災等の各技術により国際社会へ貢献しています。

当社の事業内容(業務実績)はこちら

数字でみるセントラル

  • 受注高・売上高※前年10月1日〜9月30日

  • 従業員数※各年9月30日現在

  • 従業員データ

  • 新卒採用者の推移

Workstyle

03Workstyle

5年目

先輩社員の1日
丸山 翔大東京事業本部
技術第3部 計画グループ

5年目

先輩社員の1日
丸山 翔大東京事業本部 技術第3部 計画グループ(2014年入社)
まちづくり計画のノウハウを水平展開!
幅広い分野で絶賛応用中!!
 これまでは、自治体の都市計画マスタープランや駅周辺のまちづくり計画など「都市計画分野」に関する業務がメインでした。最近ではそれらに加えて、ゲリラ豪雨や地震・津波などの災害を想定した防災まちづくり計画や、人口減少・少子高齢化等による財政難に対応した公共施設再配置計画など、これまで培ってきたプランニング経験を活かし、多岐にわたる分野のプランニング業務に携わっています。
地域課題の本質を見抜け!
~人々の想いと想いを未来につなげるプランナーとして~
 駅周辺まちづくり業務で、駅周辺の将来ビジョンを地域住民や行政、地元企業、大学関係者など様々なまちづくりプレイヤーが集い議論する研究会に「ファシリテーター(調整役)」として参加したことです。研究会では、それぞれプレイヤーの立場から様々な意見や将来のまちに対する熱い想いが溢れます。それらの意図を正確に汲み取りながら、まちづくりの現場で地域課題の本質を見抜き、解決策まで導くのに大変苦労しましたが、まちづくりプランナーとして非常に多くの学びがありました。
起床6:30
朝食~1日のエネルギーをチャージ!
自宅出発7:30
少しだけ早く家を出発して通期ラッシュを回避!
出社8:10
メールチェック・
仕事の確認
8:30
メールをチェックして1日の作業を確認します。自身のみならず、アシスタントへの作業分担も行うため、就業開始前に段取りを終えることが重要です。
業務の工程表を
作成・調整
9:00
担当している複数業務を円滑に遂行するための作業スケジュールを組み立てます。
昼食12:00
ドラマやスポーツ動画を見ながらデスクで取ることが多いです。
資料の作成13:00
客先との打ち合わせや協議会等に向けて、イラストレーターやGISを用いながら資料を作成します。
資料のチェック16:00
作業がひと段落したら、上司に作成した資料を確認してもらいます。作成した資料について説明し、アドバイスをもらい、修正を重ねます。
退社18:00
退社・翌日の予定を確認して退社。
おうちタイム
or飲み会19:00
・自宅で家族とゆっくり過ごす
・同僚や友人との飲み会。会社からサラリーマンの街
(新橋・有楽町)へのアクセスは抜群です。
入眠準備24:00
・出社時間の確認
・客先や現場に直行する場合は、集合時間やアクセス方法を確認します。
就寝00:30

3年目

先輩社員の1日
渡邊 舞花東京事業本部
技術第1部 道路第2グループ

3年目

先輩社員の1日
渡邊 舞花東京事業本部 技術第1部 道路第2グループ(2016年入社)
フットワークが軽い「道路グループ」
 道路の仕事は、①道路が必要とされる場所に最適なルートを決める設計、②道路の具体的な形を決定する設計、③工事発注に必要な図面・資料を作る業務の3つで基本的には成り立っています。他の部と比較し道路グループは、道路が様々な地域を通過することから、都市部では無電柱化に関わる設計、山地部では擁壁等の設計も実施していて、フットワーク軽く色々な仕事をしています。
問題解決に他の部署も協力。フレキシブルな対応が強み!
 自分が専門としていない分野について、発注者から相談されることが多々あります。そんな時に部署間に隔たりがなく、気軽に他部署に質問出来ることがセントラルの強みだと思います。実際に入社当初、自分だけでは解決できないことがあり、他部署の方に相談したことがありますが、相談後も業務が終わるまで気にかけて頂きました。またプライベートでも会社の人と飲み会や遊びに行くことが多く、職場の雰囲気はとても良いです。
起床6:30
自宅出発7:30
ファイト!
出社・
メールチェック
8:30
メールをチェックして1日の業務段取りを確認します。
工程会議9:15
週初めに2週間の作業工程をチームの人と打合せします。
資料の作成10:00
発注者から依頼された資料や図面を作成します。その際、上司に設計条件や方針が適切か相談します。
昼食12:00
会社で頼めるお弁当をデスクで食べ、余った時間は寝ます。
外出準備・移動
13:00
打合せ資料を準備し、発注者との打合せ場所に向かいます。基本的に若手社員は上司と一緒に行動します。
打合せ15:00
発注者から依頼された業務についての打合せをします。場合によっては警察や住民の方を相手に協議を行います。
上司と反省会
16:30
打合せで良かった点や悪かった点を話し合い、次回打合せの方針を決めます。
退社17:15
次の日の予定を確認した後、解散します。
飲み会18:00
職場の上司、先輩、同期とたまに飲みに行きます。
帰宅22:00
自分の時間!
就寝23:00
なるべく睡眠時間はとるようにしてます。

1年目

先輩社員の1日
野地 大樹東京事業本部
技術第3部 都市環境グループ

1年目

先輩社員の1日
野地 大樹東京事業本部 技術第3部 都市環境グループ(2018年入社)
自然環境の調査
 近年日本国内で外来種の定着や、在来種の減少など生態系における生物多様性の低下が問題となっています。最近は川の生態系に配慮した川づくり業務に携わっており、流量観測や魚類調査などを行っています。外来種の駆除、在来種保全について地元団体と連携して計画を策定していきます。入社1年目ですが、このような環境の仕事に携われていることにやりがいを感じています。
分野が広い総合建設コンサルタント
 私は昔から自然が好きで、将来は環境に係る仕事に就きたいと考えていたので、セントラルの都市環境分野に興味を持ちました。入社の決め手になったのは、総合建設コンサルタントという多くの分野のプロが集まる会社に入ることが自身の成長につながると考えたためです。入社1年目で難しい話や仕事が多いですが、優しい先輩や上司に教えてもらいながら日々勉強しています。
起床6:30
朝食 毎日とるようにしてます。
自宅出発7:30
満員電車通勤 ガンバル
出社8:45
メールチェック・
スケジュール確認
9:00
上司に今日の仕事を確認してから1日の段取りを決めます
データ整理9:30
GISやillustratorなどを使用して、調査データを整理します
昼休憩12:00
昼食を食べて昼寝をします
業務打合せ
13:00
上司と業務の進行状況や、調査日程などを確認し合います。
報告書・資料の作成14:00
発注者に提出する報告書や資料を作成します。上司に相談ながら作成していきます
退社
17:15
最後にメールを確認して退社します
帰宅19:00
就寝0:00
遅くなる日もありますが、なるべくこの時間に寝るようにしてます。

全てはお客様からの「ありがとう」

2012年入社

子安 佑輝

東京事業本部 企画営業部 北関東営業所

私の仕事は、国・県・市町村の官公庁へ営業活動を行うことです。主な活動内容は、市役所等を訪問して、お客様が抱える疑問や課題等を解決するためのご提案をします。ご相談の中には、私一人の知識ではとうてい解決できないことが数多くあり、参考資料で勉強したり、上司や技術部門を交え解決策を考え、何度も足を運び繰り返しご提案をする場合もあります。こうしてお客様のご要望にお応えができ信頼関係が築けた際の「ありがとう」の一言、さらには仕事をいただけたときは、本当に嬉しいです。また、営業として日々仕事をいただけるよう奔走して息切れすることもありますが、信頼いただいたお客様との朝のあいさつや何気ない会話が、私の1日のモチベーションになっています。

達成感を感じる瞬間

2014年入社

兼松 祐志

中部支社 技術第1部 水工第2グループ

私が所属する水工グループでは、堤防設計や樋門などの河川構造物設計といったハード分野と、河道計画や洪水浸水想定区域図の作成といったソフト分野の両分野に関する業務を行っています。私は、主にソフト分野である河川計画に関する業務を行っており、河道改修の基本となる「河道計画」や、洪水ハザードマップの基となる「洪水浸水想定区域図の作成」など、様々な業務に日々取り組んでいます。
河川事業は、水災害から国民の生命や資産を守るために必要不可欠であり、その根幹を成す河川計画業務を行うことは、大きな責任感を要する仕事だと感じています。また、河川計画の策定には、住民や事業者の意見・要望を検討内容に反映し、納得して頂ける成果にする必要があるため、難しい仕事内容ではありますが、その分、作成した成果を住民や事業者に説明し、納得してもらえた時には、大きな達成感を感じます。

やりたい仕事は自発的・積極的に発信することが大切

2015年入社

望月 美鈴

大阪支社 技術第2部 構造橋梁第1グループ

私は現在、橋梁詳細設計業務を担当しています。詳細設計業務では、工事発注に必要となる図面作成、数量算出が主な内容となります。それに加え、工事が円滑に行えるような施工計画を立案することも求められます。設計において、数ある設計手法・計画の中で最もその現場に適した案を探索し提案することがこの仕事にとっての面白さだと感じています。また私は昨年度に海外研修として1ヶ月間ミャンマー国に行き、現地の長大橋梁の設計業務に携わらせていただきました。以前から海外業務に興味があったため、今回の 貴重な機会に立候補しました。ミャンマー国のインフラ整備のずさんさを知り、国内のインフラ整備のみではなく途上国への支援も必要だと感じ、技術者として何が必要か考える研修となりました。

様々な業務経験と達成感

2015年入社

大野木 隆介

東京事業本部 技術第3部 都市環境グループ

私の所属するグループでは、計画から設計まで様々な種類の業務を担当することができます。私が担当した仕事の内容は、公園の計画・設計や6次産業化の計画、工業団地の設計等多岐に渡る業務を経験しました。その中でも農家の方の儲かる仕組み作りを検討する6次産業化の計画業務では、発注する自治体でも初めての試みであり、発注者と一緒に意見をぶつけ合いながら計画をまとめあげました。業務を進めていく上では、計画業務、設計業務にとらわれず様々な提案を発注者にすることになります。提案は必ずしも通るとは限りませんが、自分の提案が採用された際は達成感を味わうことができ、仕事へのモチベーションにも繋がります。私は、このように様々な業務を通して社会貢献できることにやりがいを感じています。

人との出会いが大切になる仕事!

2015年入社

地田 俊也

総務部 総務室

私が所属する総務室は、社内のバックオフィスとして様々な業務を行っており、その中で私は主に給与計算や新卒採用を担当しています。給与計算業務では毎月の給与計算、年末調整・住民税・社会保険料の仕事を行い、新卒採用では学校訪問や学内説明会で自社の説明をしたり、夏期・冬期のインターンシップの実施などを行っています。 特に新卒採用の仕事は、人と人との関わりのため正解はなく、思い通りにはいかない大変さもありますが、学生の皆さんから「是非御社で働きたい」と言ってもらえた時は、これまでの苦労を忘れてしまうくらいのうれしさややりがいを感じます。

社会を支える地図に残る仕事

2016年入社

柳 渓一郎

九州支社 技術部 道路グループ

私の仕事は、普段使っている道路の設計です。最近行った業務の中で思い入れのある業務は、供用間近の高速道路の設計業務で、高速道路の設計や工事発注用の資料取り纏めなどを行いました。高規格路線の設計、かつ供用間近とういうこともあり苦労もしましたが、上司と協力しながら業務を進めることで、無事業務を完了することが出来、さらに発注者から高評価も頂くことが出来ました。業務完了後に現地に行く機会があり、設計から工事発注まで携わった内容の工事が実際に行われ、自分の仕事が具現化したのを見ると、頑張ってよかったと思いました。土木の仕事は「地図に残る仕事」とよく言われていますが、まさに「地図に残る仕事」を行ったのだと実感しました。まだ経験は少ないのですが、積極的に知識と経験を積んで、これからも「地図に残る仕事」を続けていきたいと思っています。

Environment

04Environment

  • 待遇・福利厚生従業員の生活や余暇の充実、健康促進など、将来の安心を見据えた手当・制度を整備しています。

    初任給(平成31年度実績)

    高専・短大卒 月給217,500円(総合職) 195,750円(地域総合職)
    大学卒 月給227,500円(総合職) 204,750円(地域総合職)
    大学院修士修了 月給237,500円(総合職) 213,750円(地域総合職)

    月額手当

    職務手当(管理監督者)、子供手当(18未満の子供の扶養者)、通勤手当、別居手当、施工管理手当、帰宅手当(単身赴任者)、技術資格手当(技術士・一級建築士・RCCM他)、事務資格手当、語学資格手当、営業外勤手当、時間外・休日・深夜勤務手当

    賞与・昇給

    賞与 年2回(7月、12月)※賞与額は会社業績等を踏まえて決定
    昇給 年1回(4月)

    福利厚生

    東京事業本部懇親会 東京クルーズ

    制度:借上住宅(一部家賃補助あり)、部門(部)単位行事への補助金、慶弔金(結婚祝金・弔慰金・見舞金・出産祝金)
    施設:会社割引による社有保養所等(東急リゾートハーヴェストクラブ、山中湖リゾートマンション)

    健康管理

    毎年1回の定期健康診断・ストレスチェックの実施、申出による産業医面談の実施、外部のメンタルヘルス・保険医療・介護相談サービスの利用

    社会保険等

    健康保険(三菱健康保険組合)、厚生年金保険、建設コンサルタンツ企業年金基金、雇用保険及び労災保険

  • ワークライフバランス仕事と生活の調和を図り、すこやかな人生設計につながる安心して長く働ける環境を提供します。

    休日

    完全週休2日制(土曜日・日曜日)、国民の祝日、年末年始 ※年間の休日は120日程度

    休暇制度

    勤務年数に応じ有給休暇を付与(1日・半日・時間単位での取得が可能 ※新卒採用者も入社1年目から年間20日付与)、リフレッシュ休暇(勤続10年・20年・30年)、夏期休暇(6~9月のうち4日間)、結婚休暇(5日間)、忌引休暇、転勤休暇、生理休暇

    育児・介護の両立支援

    子育て支援企業に認定され次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得

    通院休暇(妊娠中又は出産後1年未満)、出産休暇(産前6週間、産後8週間)、育児休業(1歳誕生日の前日まで ※保育所の状況により2歳まで延長可能)、育児短時間勤務、育児のための所定外時間・時間外労働の制限、子の看護休暇、介護休業

    所定外労働時間の削減

    毎週水曜のノー残業デー実施、営業時間外の自動音声ガイダンス案内、ITを活用した労働時間管理

  • ダイバーシティ性別・国籍・障がいの有無にこだわらない、ダイバーシティの取り組みを進めています。

    女性活躍の推進

    女性技術者の会

    「女性技術者の会」の定期開催、女性活躍推進計画の推進(目標:新卒採用女性割合3割)

    障害者と共に働く会社

    法定雇用率(2.2%)を上回る障害者雇用(雇用率2.9%)、職場内障害者支援活動(東京都職場内障害者サポーター登録、大阪府障害者サポーター資格取得)の推進

  • 人財育成貴重な「人材」を価値ある「人財」に育てるための教育研修プログラムを各種実施しています。

    階層別研修

    新入社員研修のCAD講習

    内定者研修(社会人準備としての自宅学習プログラム)、新入社員研修(ビジネスマナー・グループワーク・CAD・現場視察等)、新入社員職場研修(OJT)、新入社員フォローアップ研修(入社1年後)
    昇格に合わせた新任副主任研修・新任主任研修・新任管理職研修、管理職研修、キャリア採用社員研修

    職能研修

    技術士資格取得を支援する受験指導(受験対策講習会、模擬試験、論文添削指導 他) ※平成29年度合格者の3割が30歳以下
    ヒューマンスキル研修(eラーニングライブラリ(約100コース)利用)、基礎技術研修(橋梁、構造物、土質、地質他)

    その他研修

    若手社員によるミャンマー短期研修

    若手技術者等を対象とした技術発表会・海外研修、語学研修(英語、スペイン語)、社内CPD制度(自己研鑽)

セントラルオフィス従業員がイキイキとやりがいを持って仕事に取り組める職場環境を用意しています。

本社・東京事業本部
東北支社
中部支社
大阪支社
広島支店
九州支社
海外事業部

Careers· Event

05Careers
Event

Contact Us

06Contact Us

〒104-0053東京都中央区晴海二丁目5番24号晴海センタービル10階
TEL 03-3532-8028FAX 03-3532-8023
E-mail:central@central-con.co.jp

セントラルコンサルタント株式会社経営企画部 採用担当