2018年2月21日

ラオス国 『セコン橋』開通式典に社長の木原が参列しました

平成30年2月12日に社長の木原一行がラオス国のセコン橋 (正式名称:「日本・ラオス友好橋、セコン県」) 開通式典に参列しました。
本橋は、わが国の無償資金協力にて建設された、タイとベトナムを結ぶラオス国南部を横断する国道16号線のセコン川を渡河する橋長300.0mの橋梁です。主橋梁部の3径間エクストラドーズド橋(L=255.0m)と、側径間部のPC箱桁橋(L=45.0m)で構成されています。
当社は、計画準備調査・詳細設計・施工監理とプロジェクト実施全体の業務に関わりました。
国道16号線はこれまでセコン川で分断され円滑な物流による経済活動が阻害されてきましたが、本橋の完成によりラオス国南部の経済発展や地域住民の生活改善が期待されています。 当社はこれからも国際社会において、地域経済発展のためのインフラ整備に貢献していきます。

 

日本・ラオス友好橋 橋名板

セコン橋

式典の様子

ABOUT CENTRAL CONSULTANT

セントラルコンサルタントについて

共に未来を描こう

採用情報

ずっと先の未来と共に。

社会インフラ整備を通じて社会に貢献するプロフェッショナルになる。
そんな環境がセントラルコンサルタントにはあります。

採用情報を見る