実績

structure

2004年9月30日

第二東名高速道路 芝川高架橋

平成15年度 土木学会田中賞受賞!

本橋梁は、第二東名高速道路が急峻な山岳部を通過する箇所に計画されたPC5径間連続高架橋です。上部工、下部工に最新の形式、工法を採用し、その橋脚高は最大で 83mに達し、第二東名高速道路で最も高い橋脚となっております。
弊社は、本橋のような高度な設計技術が要求される橋梁設計をはじめ、構造物計画・設計に関わる全般のお手伝いいたします。
なお、本橋梁は平成 15 年度の土木学会田中賞を受賞いたしました。

1.計画概要

橋長 461.0m
支間割 68.5m+3@108.0m+68.5m
有効幅員 16.5m
橋梁形式 PC5 径間連続箱桁
上下部結合方法 免震構造
上部構造 ストラット付きPC1箱桁構造(ワーゲンによる張出施工)
下部構造 鋼管コンクリート複合構造(最大高 83m) 基礎構造:大口径深礎杭(最大φ12.5m)

2.技術的特徴

本橋梁は、その架橋位置が急峻な地形となるため、基礎および下部構造を極力小さくする必要がありました。
このため上部工は張出床版部に斜めストラットを配置した「ストラット付きPC箱桁構造」とし、箱桁部分の幅を小さくすることで、上部工自重を軽減できました。また、上部工軽量化と箱桁幅縮小により、下部工、基礎工寸法の縮小を可能にしました。この「ストラット付きPC箱桁構造」は我が国では施工事例がなく、国内初となりました。
また、下部工には「鋼管コンクリート複合構造」を採用し、下部、基礎寸法を 50%程度縮小することが可能となりました。仮支柱として先行建て込みした鋼管杭を使用できるため、新たに支保工を設置する必要がなく、施工性が向上しました。

共に未来を描こう

採用情報

ずっと先の未来と共に。

社会インフラ整備を通じて社会に貢献するプロフェッショナルになる。
そんな環境がセントラルコンサルタントにはあります。

採用情報を見る