最新実績

都市分野

2015年3月6日
立体横断施設のバリアフリー化

本格的高齢社会の到来を向かえ、バリアフリー新法が制定されてから数年がたちます。
バリアフリー化に関してはある程度進展したものの、引き続き着実な取り組みが必要であります。
都市近郊においては、日常生活において頻繁に活用されている歩道のみならず「横断歩道橋やペデストリアンデッキ」についてもエレベーター(以下EV)を設置することによりバリアフリー化がはかられています。
弊社では、周辺地域の特性(地理的条件、交通量等)に配慮してEVの配置選定を行い、設計から施工管理までを手掛けております。

立体横断施設のバリアフリー化