最新実績

建設分野

2015年3月6日
ラウンドアバウトへの取り組み

欧米などで普及している信号機のない環状交差点「ラウンドアバウト」。
従来、日本における円形の交差点は、T字路の連続とみなされ、一方通行や徐行などの複数の標識で規制されてきました。
平成25年6月14日の改正道路交通法により、これらのうちの一部が環状交差点として定義され、平成26年9月1日の施行により、全国15箇所で運用が開始されました。

ラウンドアバウトへの取り組み

2015年3月6日
歴史的鋼橋の耐震補強設計(御成橋)

御成(おなり)橋は静岡県沼津市に位置する、昭和12年竣工の鋼3径間ソリッドリブタイドアーチ橋(橋長L=131m)です。本橋は周辺地域のシンボル的な橋梁で地元にとって愛着のある橋であるとともに、土木学会の近代土木遺産にも登録される歴史的鋼橋であり、今後も保全していくべき橋梁です。
 本業務では、今後発生が予想される大規模地震時に本橋を落橋させぬよう、耐震補強設計を行いました。耐震補強設計の対象は、①支承部の補強、②落橋防止システム、③橋脚補強の3項目です。

歴史的鋼橋の耐震補強設計(御成橋)

2015年3月6日
走行型計測による変状調査

国土強靭化のかけ声とともに、インフラ施設の老朽化対策、維持管理が世の中の注目を浴びるようになってきました。道路施設の重要構造物であるトンネルについても、平成24年12月の笹子トンネル天井崩落事故以来、維持管理と点検のあり方について利用者にも注目されているところです。道路資産の効率的な維持管理が必要とされる中、補修等が困難な道路トンネルに対する検討が課題となっていることにより国土交通省近畿地方整備局と学会からなる新都市社会技術融合創造研究会が発足し、研究及び開発を行ってきました。
 現在では、トンネルの変状及び変形をより効率的に、的確かつ客観的に把握する技術として、走行型画像計測(MIS)と走行型レーザー計測(MMS)を同一車両に搭載したMIMMを用いて全国的にも実用化されています。

走行型計測による変状調査

2012年2月10日
東京ゲートブリッジ基本設計・主橋梁部細部設計

平成24年2月12日10:00 開通
東京ゲートブリッジがいよいよ開通しました。
東京港第3航路を跨ぎ、中央防波堤埋立地と江東区若洲地区を結ぶ、橋長760mの鋼3径間連続トラスボックス複合橋を主橋梁とする総橋長2,618mで、長大橋としては世界に例のないデザインの橋梁です。
恐竜が向き合っているような外観から、平成23年3月10日付の朝日新聞では恐竜橋との見出しで紹介されました。

東京ゲートブリッジ基本設計・主橋梁部細部設計

2010年7月9日
住宅地内を通る「つつじヶ丘トンネル」受賞

「つつじヶ丘トンネル」は、東京都八王子市並木町地内の国道20 号線(甲州街道)から横川町地内の主要地方道46 号線八王子あきる野線(高尾街道)を結ぶ全長約2,080mの八王子市都市計画道路3・4・57号線の中に位置する304mのトンネルです。
八王子市北西部地域から中心市街地への交通は陣馬街道に頼っていました。トンネルを含む本路線は、陣馬街道の渋滞緩和を図ると共に将来の北西部地域の交通需要に対処するために計画された東京都内の重要な補助幹線道路です。
本事業は、「交通アクセス機能が飛躍的に向上、バス路線の開通による地域住民の利便性の向上に寄与したこと」また、「自然との調和を図ったトンネル坑口デザイン、丘陵地の景観を大切にした整備」が評価され、『第20 回全国街路事業コンクール』において特別賞を受賞しました。

住宅地内を通る「つつじヶ丘トンネル」

2009年11月24日
東京港臨海大橋(仮称)上部工架設

現在、弊社が設計した世界最大級のトラス橋が東京港の玄関口で施工中です。
平成17年8月に着工した東京港臨海大橋(仮称)の架橋工事が、完成に向けて順調に進められています。
平成21年9月15日、28日に上部工の一部の架設工事が実施されました。
供用開始は平成23年の春の予定。完成すると、トラス形式の橋梁としては世界のベストテンに入る長大橋梁となります。連続トラス橋に限れば世界一です。

東京港臨海大橋(仮称)上部工架設

2009年9月4日
「まちの玄関」を創る ~駅前広場整備~

既存のストックを活用して、高齢化社会や環境問題への対応が図れるコンパクトな都市構造をつくることがいま求められています。そのための重要なポイントのひとつとして駅周辺の整備があります。
駅周辺の中心となる駅前広場は、交通のニーズにあった充分な空間や機能の確保をするとともに、都市の「顔」としてのシンボル性、オープンスペースとしての役割にも配慮した「まちの玄関」として整備をする必要があります。
駅前広場整備には多様な分野のノウハウが必要とされます。弊社はまちづくりの総合コンサルタントとして、豊富な経験と実績から、駅の拠点性を高め、個性ある魅力的で総合的な駅前広場整備をご提案いたします。

「まちの玄関」を創る ~駅前広場整備~

2008年6月10日
東京港臨海道路臨海大橋(仮称)上部工詳細設計

橋長760m(支間長160m+440m+160m)の鋼3径間連続トラス・ボックス複合橋です.上部構造のデザインは,港の景観として特徴的なガントリークレーンをイメージしたもので,長大橋梁の構造としては世界に類がなく,東京港の玄関口に相応しいゲート性とモニュメンタル性を備えた美しいデザインになっています.また,本橋梁は,中央径間の箱桁部分とトラス部分とを剛結した連続構造となっており,完成すると連続トラス橋としては現存する生月大橋(中央径間長400m)を上回る世界最大級の橋梁になります.

東京港臨海道路臨海大橋(仮称)上部工詳細設計

2008年3月13日
電線類地中化計画

日常生活の中で、何気なく目にしている電柱。その電柱に架かる電線によって、私たちの生活に欠かすことのできない電気や、電話・ケーブルテレビ・インターネットといった通信手段が供給されています。
しかしながら、電線によって空が遮られたり、電柱によって歩道が狭くなったりすることも事実です。
これらを地中化することで、電気・通信を供給しながら、良好な道路空間や街並みを形成することができます。
弊社では、電線類地中化計画において、新しい地中化方式をいち早く、積極的に取り入れております。

電線類地中化計画

2007年3月15日
安くて、環境にやさしい雪氷対策

積雪寒冷地における冬期の道路交通は、主として機械除雪により確保されていますが、近年、地域ニーズの多様化等から、よりグレードの高い雪氷対策の導入が求められています。
また、2006 年の豪雪では交通障害や集落の孤立などが問題となり、道路利用者や沿道住民の方々から、冬期の生活道路や走行安全性の確保への要請が高まっています。
弊社は、ここに紹介する豊富な実績を活かし、①安くて、②環境にやさしい雪氷対策のお手伝いをさせていただきます。

安くて、環境にやさしい雪氷対策

1 / 3123